« 万部おねり 大念佛寺 | トップページ | 長寶寺 秘仏御開扉 »

2012年5月 3日 (木)

大阪に模擬原爆2(詳細編)

以前に、大阪に模擬原爆パンプキン)が投下されたという記事を掲載させていただきましたが、その詳細編です。

2からご覧の方も多いでしょうから、簡単に説明しておきますと、昭和二十年(1945)七月二十六日 午前九時二十六分 大阪市東住吉区田邊本町にあった、料亭「金剛荘」敷地内に米軍が投下した、爆弾が着弾・炸裂したというものです。

大阪府警察局の資料によると

高知附近ヨリ侵入セルB29一機ハ愛媛県東部淡路島北部大阪府ヲ経テ奈良県ニ侵入シ生駒山東北部ニ於テ反転大阪市ニ投弾ノ後大阪湾ヲ南進セリ

投弾状況  大型爆弾一発

被害状況  特殊被害ナシ

昭和二十年七月二十六日 午前九時二十六分 大阪市東住吉区田辺本町 料亭 「金剛荘」 死者四、重症八、軽症七七、行方不明六、全壊二〇三、半壊二一八、罹災者一三〇二 

大阪府警察局

となっています・・・ 

現在  爆心地付近に、記念碑が建立されてあり、7名の方が亡くなられたと刻まれてあります。

1108070347_6

別の資料では、死亡者が10名となっているものもあり、これは、行方不明者を含めた数だと思われます。(つまり、本当は10名の方が亡くなっているということです)

1002070276_4 Ckk748_c20_20_4

白黒画像は、米軍撮影の一部  カラー画像は、昭和49年撮影の航空写真の一部

昭和49年ごろには、阪神高速松原線建設のために立ち退きが始まっていますね

田辺の爆弾孔は、直径約20m 深さ約5mほどだったと言います・・

(一トン爆弾の爆弾孔は、直径約10m 深さ約10mほど)

Untitled3_4

昭和4年の地図の一部  塀で囲まれた敷地が、金剛荘だと思われます

どうして、模擬原爆(パンプキン)を投下する必要があったかですが、その後、広島・長崎に投下されることとなる、原子爆弾投下のための訓練と、弾道特性や様々なデータの収集にありました。

高度9000メートルで投下後、150~155度急反転して退避する必要があり、訓練が何度も繰り返されました。

そのため、日本には50発のパンプキンが投下されました(1つは海上投棄)

リトルボーイとファットマンという、2種類の原爆のうち、大きい方のファットマンの形状と同じもので、同じ重さ、コアの重心位置まで同じという設計やったんです・・・・・

この特殊任務を行なう部隊が、第509混成部隊という部隊でした。

混成部隊というのは、陸海空軍の必要な人員、機材を集めて編成されたのことで、スペシャリスト集団だったと言うわけです。

米本土で訓練後に、マリアナ諸島のテニアン島に配置され、原爆投下用に改装された、B-29が15機配備されてていました。

2からご覧になった方のために、前説が長くなりましたが、大阪に投下されたパンプキンは、その1つやったんですね。

目撃者のお話では、色は薄いグリーンで、胴体に白色で英文字が書かれてあったそうです。

ただ、ネコ三昧は、黄土色に近い薄い黄色系統の色だったと思っています。

青空をバックに見ていたので、光の加減で、薄い緑色に見えたのではと思うのです・・・

爆弾投下後シャァああああー!!!という大きな風切り音がして、どっか~ん!!と地響きがしたそうです。

7月26日は、配給日で、醤油などを求めて並んでいましたが、あたり一面土ぼこりで、真っ白になったそうですワ・・・

料亭「金剛荘」は、かなり広い敷地に、日本庭園があり、人工の瀧や池 池にかかる小橋があったそうです (現在のホテルのような場所でした)

離れがあって、女学生さんが下宿していました・・・

爆撃で、下宿の世話人夫婦が亡くなられ、たまたま風邪で休んでいた、女学生さんが行方不明になっていました・・・・・(ノω)

コンクリート製の門柱と、一部の塀が倒れずに残されていた以外は、木っ端微塵・・・  瓦礫の山やったそうです・・・・

すぐに、憲兵と警察が、縄をはり、付近の立ち入りを禁止してしまいました・・

当時、金剛荘には軍関係者が駐留していて、「それで狙われたんや」と噂されていました・・・ (そんな精密爆撃は出来ない時代でしたが)

軍人たち50人ほどは、26日の朝に出ていたので、難を逃れていました・・

また、爆弾が落ちて、ほんのしばらくの間は、南海平野線の電車は動いていたようです。

爆発時には、上り電車は、隣の駒川町駅を出たところでした。  

田辺駅あたりで、沿線の建物が倒壊して、おそらくこのあたりで不通になったのではないかと思います。

天王寺発の下り電車も、田辺駅付近まで来ていました・・・・

衝撃波が、窓を破り、二階の屋根瓦ごと屋根を破壊していって、二階の屋根に畳が引っかかっていたそうですワ・・・・・

本当は、大阪に模擬原爆を投下したのは、計画されていたものではありませんでした・・

7月26日 本来は、富山の軍需工場を空爆する予定でしたが、天候不順のために、機長判断で、各地に落とされることになったのです・・・

というのも、投下は、目視が厳命されていたために、目標を目視で確認する必要があったのです・・・(本番も、目標に対し、目視が厳命されていました)  

これには理由があって、本番と同じ条件で訓練することと、模擬原爆を、通常兵器としてもテストしていて、効果判定する必要があったからです・・・

もし、天候不順などで、目標変更する場合は、爆撃禁止地域以外の都市(住宅密集地帯)の中心部に、目視で投下するという指令でした。

ちなみに、パンプキン爆弾は、それなりに効果があるものの、コストが合わないということで、正式採用はされませんでしたぁ・・

それでも、1000個のパンプキンが発注されて、最終的には486個調達されていたんです・・・ (さすが アメリカっ 規模が桁外れです)

日本が、ポツダム宣言受諾後も、テニアン島には、66個残されていて、全て海中投棄されました・・・・

2009年7月23日の毎日新聞に、田辺の模擬原爆投下後の写真が発見されたという記事が、掲載されていました。

Ab9d5c75

この新聞記事自体の画像も、借り物です・・・ (;´`A`` 

爆弾孔は撮影不許可やったから、孔を背にして、南海平野線側を撮影したと思われます

Img_983394_12638659_0

新聞にも掲載されていた画像  ネット上からお借りしました  

米軍撮影のパンプキン(信管部は砂避けのためか、新聞紙か何かを、テープで巻いてるように見えますね)

ということで、ネコ三昧 脳内イメージイラストです

1205020001 1205020016

実際とはちょっと違うけれど、「こんな雰囲気やったんや」 というのが伝わればエエです。

つづく

« 万部おねり 大念佛寺 | トップページ | 長寶寺 秘仏御開扉 »

模擬原爆」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪に模擬原爆2(詳細編):

« 万部おねり 大念佛寺 | トップページ | 長寶寺 秘仏御開扉 »