カテゴリー「杭全神社弁天池改修」の記事

2012年3月18日 (日)

杭全神社 弁天池改修工事23

杭全神社 弁天池には、毎日のように、アオサギさんがやってきます・・・

1109270095 1110040022

お目当ては  これ  金魚さん

1111080105

ふらふら~と 油断しているとっ

1110090047 1110100089 1110100091 1110100092 1110100093 1110100098

ゴチになりますっ って!!  あほ~

バクバク食べます・・・  足元だけじゃなくて、金魚球になったところへダイブして、Getします・・・

金魚が居なくなると、水草が大発生するから、困るんですよ・・・

ちなみに、この金魚は、夏祭りの時の、金魚すくいの金魚たちが大きくなったものです・・・

そう、祭りの期間が過ぎると、池に捨てられるんです・・・  えっΣ( ̄lll)

というのも、生き物ですので、次の現場までもたないからです・・・・・

仕入れ値は、小赤という小さいサイズは、1匹10円ほどなんですが、かなりの数が池に捨てられていました。

それが、成長して7cmほどになっていたんですね・・・

金魚だけではなく、25cmほどのも、2匹やられちゃいました・・・ヾ(*A`)ノ

遠くに上げられて、わからない分もあるでしょうから、これは対策をしないと大変ですっ

そこでっ

1110260051 1110200045_2

テグスを張りましたっ! (画像では見にくいですが)  

60~70cm間隔ですが、岩の間に、木を切って打ち込んでいます。

4日もかかったがな・・・  寒いのに、池ん中 入ってっ・・・ ( ̄Д;;

これで、どうやっ!!

1111080109 1111080123

効果アリですが、相変わらず来て、テグスのスキ間を狙っています・・・

でも  被害は最小限になりそうです。

すぐに、手薄な所を見つけ出します・・・ アホやないようです・・  

何度か、テグスに引っかかって、外されました・・ (強い力では、外れるようにしています) 

なんちゅう 強引なヤツ・・・

1110230042

そう・・  彼こそ、アオサギ拳法の使い手 サギー君だったのでした・・・

ウソっ  

1

あははははははha

1111250121 1111300180

って・・・  まだ狙うかっ・・・ Σ(゚д゚;)

つづく

太陽の塔の画像は、ネット上からお借りしましたぁ 

2012年3月17日 (土)

杭全神社 弁天池改修工事22

杭全神社 弁天池改修シリーズですが、しばらく空いてしまいました…
記事は、2011年9月から、11月のお話です。

池では、トンボの産卵シーズンが始まっていました。

1109140067_2 1109140077_2

画像のトンボさんは、ギンヤンマだと思います

1110270084 1110270098

こちらは、羽化直後の、コシアキトンボさん 左の画像はまだ黄色いでっしゃろ

だんだんと、黒くなってきています・・・

完成予想図画がこれ

1110170015

コシアキトンボは、腰のところが空いているように見えるからで、漢字にすると、腰空き蜻蛉になるのでしょうか・・ (無理やり漢字にするなと言われそう

昔は、みんな  デンキトンボって言っていました・・・・・

なんで デンキかって

腰の薄黄色いところが、暗がりの、街灯の明かりに見えるからだそうです。

胴体が柱で、羽根の黒丸が、傘で、腰の黄色が電球です

ハイ 見えてきた きた きた 見えてきましたっ (無理やりかっ) 

昔は、電燈の明かりを、デンキって、普通に言っていましたからね・・・

「電気点けて」って    今でもですか

こちらも、漢字にすれば、電気蜻蛉・・・・・・・・・・・

中国の家電製品かっ!!

ランプの生活から、電気の生活へと変化していく頃は、電気=電燈だったのでしょうね・・

ハイ 次ぎっ!!

循環用ポンプも、だんだん水量が落ちてきます・・

色々なものが詰まるからです・・・

1109140049 1109140053

詰まりを取ると、こんな感じに・・・

1109140055

ブフ・ブハ 言うてます・・ 

ハイ 次ぎっ

排水口から見た、弁天池  こういう角度からは、なかなか見れませんぜ 旦那っ・・ (・・)

1109160057 1109160055

池に、土が流れるのを防ぐために、周りに、砂利を入れました。

神社の標柱から大門の間の砂利を、粒の細かなものに変えたので、その砂利を、転用したもんです。 あるもんを使わにゃ

1110030084 1110050057

内側も、雑草を処分して、砂利を入れました

1110060033 1110060108

注意看板を、交換してっ   

1110080043_2 1111180170

100均の板なんだけど、ネコ三昧 お手製ですっ

池の中の水中ポンプを、噴水状に改良しました・・

1111170121_2 1111170124

15分おきに、動くようにしています  表面の汚れを、奥の浄化層に送るのと、水中に酸素の供給が目的です。 

効果アリです

ノズルは、ニスの容器を改造して取り付けています。( ´艸`)プププ

ポンプとタイマー以外の材料費は600円でできました・・・ ( ̄+ ̄)

このあたりは、11月の中ごろの様子です  水は中に入ってくるし、寒かったぁ~

つづく

2011年11月20日 (日)

杭全神社 弁天池改修工事21

池の浄化のために入れた木炭230kgでしたが、前回の改修工事20でお知らせさせていただいたように、豪雨で、かなりの量が、流出してしまいました。

実は、あれほど水位が上がるとは想定していませんでした。  

最近流行りの「想定外」という感じでしたが、何事も、想定して対策しておかなくてはいけないと痛感しました・・・

その反省から、残った木炭を、ネットに入れて、浄化層に埋め込むことにしました。

1109010033

池にぷかぷか浮いていたのを回収しましたが、明らかに少ないです・・・

1109010035 1109010052

元々 土壌シートに包んで沈めていた、木炭も、ネットに入れ替えて埋め込みます。  

黒い土壌シートは、思ったより目が、細かくて、細かい泥やゴミを透過できませんでした・・・

小さい粒が、全く通っていなかったので、表面はゴムのようにヌルヌルで、内部の木炭はキレイでした・・・ (゚゚) うそ~ん

予想以上に、機能していませんでした・・・ ( ゚д゚)ポカーン

1109010061 1109010063 1109010080 1109040122

ポンプの水のところには、砂利袋を1つ増設しました。

どうやら、60~70kg分の木炭が流失したようですね・・・ o(;;)o

さらに  豪雨で、浄化層上の土が、流されて、浄化層内部に流入してしまいました。

石の層にかなり入っています・・・ 端っこは、になっていました・・・ 

1109060233 1109040108 1109040106 1108310107

田んぼの水も溢れて、池に入りました・・  お陰で、池は富栄養化で、緑色です・・・ 小さな池ですから、少しの要素で、色々なことが関連して起こります。

一方  遊歩道側では、日よけの鉄材が組まれて、色が塗られていきます。

1108300031 1108300078 1108310072 1108310076_2 1109050035 1109050075

屋根には葦簀(よしず)を葺き、ベンチを置きます

後ろの花壇には、木を植えます。  この時はまだ、どんな木にするか決まっていませんでしたが、予定では、萩(はぎ)の木を植えることになりそうです。

桜の苗木を何本か頂けるようですので、それも植えることができるかもしれません。

50年後の、1200年祭には、大きな木になって、目を楽しませてくれていることでしょう。

浄化層では、セキレイの幼鳥が、アメンボを食べにやってきます。

動きが早いし、不規則なんで、撮りづらいっ・・・  ( ̄Д;;うう・・

1109080117 1109080123 1109080146 1109080198

公園にはよく、ハクセキレイ(白いセキレイ)が来ますが、この子も大人になったら、白っぽくなるんかな~  (セグロセキレイは、もっと背中が黒っぽいと思うので)

アメンボは、カメムシの仲間で、臭腺があり、(あめ)のようなニオイがするから、アメンボって名がついたんだと聞いたことがあります。

(カメムシは、手に付いたら臭いんじゃぁ~ 南瓜(かぼちゃ)なんかにようついてたなぁ~ 飴のニオイなら、まだええやん)

オトナになったら、羽が生えるので、飛んで、他の池などに移動することもあります・・ 

1~2ヶ月そこそこの寿命やから、あんまり食べんといたってなぁ~

1109120027 1109130154

夏祭りの、金魚すくい用の捨てられた金魚たちが、5~6cmになりました。

夏祭り終了時点では、3000匹くらいおったんとちゃうかなぁ~

アオサギに、結構やられて、減ってはきましたが、まだたくさん居ます。

頑張って生き残って、藻を掃除してやぁ~

1109100138 1109120116

メダカも増えてきました。 水がきれいになってきた証拠ですワ・・ ( ̄ ̄)

金魚がいると、メダカを食べちゃうんですが、うまいこと逃げてや~

井戸水が出るところで、涼むカメ  シッピーアカミミガメ(ミドリガメ)がまたぎょうさん増えました・・・

このカメが、金魚を食べようと追っかけてます・・・ 

でも、なかなか捕まえられません・・・ ┐( ̄ ̄)┌ フゥゥ~

あんまり増えすぎたら、生態系のバランスが崩れるから、川へ帰すかも・・

カメって、相当素早いから、捕まえられないんだけどねぇ~ (ノ`) アチャー

1109120048  

つづく

2011年9月30日 (金)

杭全神社 弁天池改修工事20

ほとんど完了していた、杭全神社 弁天池改修工事ですが、水質向上のために、を入れることになりました。

浄化用の炭は、高価なので、一般のバーベキュー用木炭を使います・・・

これだって炭ですから、十分、吸着と、微生物の苗床になるはずです。

1108180079 1108180114

その前に、ポンプがすぐに目詰まりするので、カゴと金網を使って、取水口をガードし、葉っぱや小枝が詰まらないように、石を組みました・・

1108180119 1108200142

夏祭りで捨てられた、廃油を吸着すべく、大量に投入されたを処分します・・・

さすがに、下の方は腐っています・・ ヘドロ臭ぅ~・・・  

浄化槽を、きれいにして、藻を処分するのに2~3時間かかりました・・・  

水を含んでいるから 重い~っ (´-д-`)

そんな中にも、ウナギの子供がいましたぁ~ かわいいっ (*^ω^*)ノ

ドジョウも入れていますが、どう見ても、これはウナギさんですねぇ

弁天池に住むウナギ(天然)は、養殖モノと違って、黄色っぽいんですよ・・

1108200145 1108200147

次の日っ! ここで、炭と、コンテナ登場っ!  宮司自ら、ホームセンターで調達していただけました。 ご苦労さまです

1108200139 1108200140

追加の炭を入れて、230kg分の炭を、投入することになりました。ヽ(´`)/やたあ~

1108200178 1108200182

こっちの取水側は、コンテナに入れて、沈め、大きなゴミや、一応、魚が入らないようにしました。 上からの葉っぱには無防備ですが・・・

1108200190 1108200192

窪みを作って、平置きしました。 後の洗浄を考えてのことですが、後に大変なことに・・・\(;゚゚)/

1108200193 1108220133

送り側も、半分を窪みに平置きして、半分は土壌用シートでくるんで、沈めてみました。  

これでしばらく、経過を見ることに・・   

なるハズがぁ あああぁあ・・・ (0)

8月27日の局地的な豪雨によって大変なことになっていました・・・

1108280034 1108280032 

次の朝っ・・・ 池全体に炭が浮いていますぅ 排水口のフェンスの上にも乗っかっています・・・  

弁天社をお祀りしてある島にも、大量に炭が乗っかっています・・

1108280088 1108280097

短時間に降った雨は、下水に流れず、とんでもなく、池の水位が上がってしまいました・・・

1108280106 1108280219

排水口のフェンスを越えて、なんと池のフチまで水が来たそうです・・・(゚|||)

予想を超えています・・  まさかここまでとハ  あぜん (・_・)エッ....? 

その水を排水する際に、かなりの、木炭をロストしていました・・・

でも、まだ浮かんでいる、炭を回収するために、胴長靴で池の中に入って、回収しないといけません・・・  

まだ気温が34度ほどの頃ですから、暑いのなんのって着ぐるみのマスコットの気持ちがよくわかります・・・

メダカが流されていなかったことがせめてもの救いですワ・・・

1108300045_2 1108300049

いったいどのくらいの炭が流出したことやら・・・・・・

同時に環濠も、太い木の枝が落ちてきています・・・ こっちも片付けないと・・・

う~ん。。。。 頭がイタイ・・・・・・・・・ι(´Д)

つづく

2011年9月22日 (木)

杭全神社 弁天池改修工事19

少しづつですが、着実にきれいになってきている弁天池

宇賀神社をお祀りしている島に生えている、の木の内部が腐り、空洞となっていました。

電話線をかなり押しているので、台風シーズンを前に、短く刈り込むことになりました。

1108050023 1108050024

藤のツルが電線を伝って、電柱に上がっていってます・・・

1108050030 1108050032

このままですと、最悪 ショート 停電 なんてことにもなりかねません・・

1108050034 1108050041 1108050066 1108050071

電線を押しているというよりも、電線があったので、倒れなかったと言った方が正解かもしれません・・・ 

( ゚д゚) よくぞ いままでっ・・・ 

50cmは押していました Σ(゚゚(゚*) え~  

根元付近は、ちくわのように、一部空洞です (lllД゚)

1108050083_2 1108050127_2 1108050188 1108050190 1108050187 1108060064

木にとっては迷惑な話でしょうが・・  こざっぱりしました・・・ 

もし道路に倒れたら、大変ですから、いたしかたありません・・・

1108110124 1108130133

弁天池には、お祭の、金魚すくいの金魚がたくさん捨てられています。

それを狙って、アオサギさんが、毎日のようにやってきまています・・

って  こあぁ 定食屋かっ

1108160111 1108180082

ポンプが目詰まりして掃除するときに、配管が折れてしまいました・・(/)

でも、距離が長かったので、ほとんど役目を果たしていませんでした・・(;´`A``

とりあえず、取り出して浄化層のをくみ出しさせます・・ (゚゚; と とりあえずっ・・・

カゴに、小石を入れておいたら、ヌルヌルとがたくさん出てきました・・

効果はありそうです ヾ(´ε*)ゝ  あんさん 意外とやりまんなあ~

そして、遊歩道の日よけ用の基礎工事が始まりました。

1108180058 1108180130 1108190184 1108200120

日よけの下に、ベンチを置いて、奥には花壇を作ります。

1108200126 1108200128

も、かなり育ってきました。

つづく 

2011年8月27日 (土)

杭全神社 弁天池改修工事18

夏祭りの後に、から揚げのを捨てられてしまった、弁天池のその後です。

染み出てくるを不織布で出来るだけ回収したものの、後から後から、が染み出してきます・・・  

ろ過するための石も油でテカテカで滑ります・・・

その上酸化して、廃油のニオイがしますぅ~ (つд⊂) うぅ くしゃーいっ

池全体に油が流れないように、不織布で護岸を作っていきます・・

なのに、油のニオイがするのでカラスが、引っ張り出して、ボロボロにしてしまいました・・・ 

(白いのが引っ張り出された、不織布です・・)  

カラスは面白くて仕方ないようです あほぉ(≧≦)

毎日なので、あきらめて・・・ と言うか無視して  

そこに、池に大量発生していたを、大量に投入していきます。。。。

1107180126 1107180128 1107200206 1107200224  

普通油の中和剤というのは、天然成分だとは思うのですが、中性洗剤とほぼ同じモノのハズです(ちがうかな?)  

海のような広さならともかく、この小規模な閉鎖空間では、後々のことを考えても使えません・・・(ろ過層部分だけで済みましたし)  

幸い、油のしみ込んだ元の部分には、砂を大量に投入することで、何とかそれ以上の拡散はほぼ無いようです。

お金がかからずに、手っ取り早く、しかも効果的なものということで、池にあった大量のを入れることにしたのです。  確かに、ポンプの目詰まりの原因にもなるシロモノですが、この際しかたありません。

1107190118 1107190119

水が循環しているので、底から徐々に油が浮き出てきます・・

8月上旬まで、藻を継ぎ足し、腐った部分を捨てる作業の繰り返しです・・・

それでも、まだ油膜が湧いて出ます・・・

1108010068 1108010069

それでも、表面あたりは、きれいになってきました。

久々にいいことが・・・ 弁天池に新たな仲間が増えました。

実は、お祭の後は、金魚すくいの金魚を、大量に池に放していくので、赤い金魚玉ができるのです。  

そう、金魚は、現場限りなんです・・・  

金魚すくい用として、安価で、酸素入りの袋に入って、段ボール箱で取引されていて、連続している縁日、夜店などでもない限り、持って帰らないのかもしれませんね・・

池に放される方が、金魚にはいいと思いますケド・・・ (´・ω・`)

(去年は、公園の排水口に捨てられて、詰まって、それは大変でした・・・・)

なんや金魚か・・・ って  いえ・・ この金魚サンとは別にっ ( ̄ ̄)

1107180008 1107180010 1107210072 1107210073 1107220126_2 1107220127_2

を入れていただけました ;:゙;`(゚゚)`;:゙わーい

1108070013 1108070021 1107290162 1107290173 1108140075 1108030035_2 1108030180 1108070068

トンボなどの昆虫類が増えました。  それを捕食するカエルさんも増えました。

元々弁天池に住んでいた、食用カエル(うしがえる)で、大きな声で鳴きます。

また、鯉の日よけになるように、睡蓮を2鉢、植えました。

1108100102 1108120030

ところが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1108160112

4日後には、カメに茎まで食べられてしまいました・・・

おにょれぇ~ あかぁみみぃ~ (`´*)

1107270481 1107190108

お魚サンを狙って、アオサギさんとゴイサギさんが来ました・・・

岩の上から、待ち伏せして、結構金魚をGETしていきます・・・ あんまり食べんといてなぁ・・

ゴイサギは、ちょこんとしゃがんでいると、ペンギンのようです。

アオサギは、開店前から毎日のようにやってきます・・・ (・・お客さんっ

金魚が入った後には、がキレイに無くなってしまいました・・・

アラぁ みんな食べちゃったのねぇ~  恐るべしっ

 

はい また 続きます・・・ (終わる言うたやんかというお声はおいといてっと・・)

 

2011年7月18日 (月)

杭全神社 弁天池改修工事17

平野郷 杭全神社 夏祭り も終わりましたが、神様が鎮まる弁天池に大変なことが起きてしまいました・・・ 姉さん事件ですっ (古っ!)

1107150084 1107150086 1107150082 1107150095

から揚げの廃油を、捨てられてしまいました・・・

恐らく15リットルくらいの量です・・・ 水を浄化するための、浄化地帯の石組みも、その先の溜まりも油まみれです・・・ 下は2cmくらいの厚みがあるのでかなりの量だと思います・・・

お祭りの期間中、参道に店を出していた、香具師(やし)の仕業です・・・

香具師という言葉は、一般の方には聞きなれないかもしれませんが、一般の方的にはテキ屋のことです。

香具師の親分にの言いましたが、アルバイトがやったとかで、結局、知らぬ存ぜぬです、すまんなで終わり・・・  論理や倫理、常識の次元が違うので、話がかみ合わないのです・・・ 賠償どころか、何の手伝いも、ナシです・・・

弁天池は、宮さん(杭全神社)の境内ですから、宮さんが被害届けを出さないと決めた以上何もいうことはありませんが、神様の御池にあまりにひどいことです・・・

1107150090 1107150091

から揚げの廃油ですから臭いです・・・ 

1107150092 1107150094

不織布のペーパーウエスで絡めとります・・・ 工作機械を拭いたりするためのロール状のものですが、吸水性はあまり無いくせに、水を先に吸ってしまうのです・・・

ですから、何度もたたんでたたんで、絡めて捨てていくしかありません・・・

でも何かにと、置いといてくれたおかげで、本当に助かりました・・・ o(_ _)oペコッ

早くしないと、池全体に油が広がって、取り返しの付かないことになってしまいます・・・ (当然 循環ポンプを停止させています)

1107150096 1107150101

タンクも無く、柄杓ですくうと、油だけ分離することがすぐにできませんから、全くの手作業です。 

灯油タンクも10~20個あれば別ですが、その半水廃油の処理に困りますから、この方法が一番良いようです・・

この日はこれだけで、4時間ほどかかりました・・・ 

油まみれで、にゅるにゅるで、しかも、くさーいっ・・・ヽ(;´Д`ヽ)  また次の日です

1107160064 1107160070

宮司さんが、気をつかって、新聞を入れてくれたようですが、新聞は表面が平らなので、水は吸っても、油は吸ってはくれていませんでした・・・

そこで、新聞を処分して、ひたすら、不織布で絡めて捨てる作業をしましたが、石の底から、次々に油が湧いてきて、キリがありません・・・( ̄)

1107160068 1107160069

このフェンスの外で、1斗缶を倒したようです・・・ そこから下の浄化層はしばらくダメです・・・

1107160074 1107160077

取れる範囲の油をとった後に、池にある藻を大量に集めて、投入します・・・

そうしている間に、浄化層横から油が染み出し、池に油膜が出てきてしまいました 急げぇ~っ

1107160097 1107160098

浄化層に砂を投入します・・・ 水の透過も悪くはなりますが、h等面積が増え、油の吸着と、拡散を抑えてくれるはずです・・

1輪車4杯分、入れることにしました・・・ 原状回復しにくいですが、そんな状況ではありませんから、次々、入れていきます・・・

1107160117 1107160110

砂が入った所で、EM1号を2リットル散布しました・・ EMと言うのは、有用微生物群で、一般的には、土壌や河川の改良に使います(また後ほど記事にて詳しく紹介します)

本来は、水に黒糖(微生物のエサ)と混ぜて薄めて、発酵させてつくる、活性液を使うものなのですが、この場合そんなことも言ってられませんので、原液のまま散布しました。

油をエサとして分解してくれると思います。(時間はかかりますが・・・)

微生物が定着しやすいようにするのと、苗床にするためにも、砂を入れたというわけです・・

朝から昼も食べずに、もう昼の3時半を回っています・・・ アララ・・・

1107160151 1107160156

御田(おんだ)の周りの玉垣が届きました

標柱には、五円玉の稲穂(実りの象徴)が刻まれていました。

1107160153 1107160154

稲はすくすくと育ってきています

つづく

1107140021

おまけ  ちょうど油を捨てられた地点のそばに、から揚げの看板が見えてますね・・・ (画像右端)  

杭全神社 弁天池改修工事16

七月十一日~十四日の間、平野郷 杭全神社夏祭りがとり行われました。

神社境内、参道、公園、周辺道路など、ゴミで溢れました・・・

それ以外に、弁天池で大事件がおきてしまいました・・・

それまでの記事です

六月十日に、御田植えをした、弁天池御神田も、七月の気温上昇とともに稲が急速に大きく立派に育ってきました。

1107020145 1107070013_2

左画像が、7月2日で、右画像が7月7日です。

1106150202 1106150203

これが、6月15日の画像です・・・  すぅごーく 成長していますねぇ~(゚*)

1107020143 1107120080

自然が戻ってきました・・ カメは勝手に平野川から卵を産みに戻ってきました・・

1107080205 1107080207

循環ポンプの吸い込みが気に入ったらしく、くつろいで3日ほど逗留していたカメさん

お祭りが始まり、弁天池にも、御田にも、ゴミや吸殻が捨てられました・・

1107140023 1107140024 1107130041 1107130042

ですが、このくらいのゴミは例年の通りなので、想定内のことだったのです。

しかし弁天池はまさかっ と目を疑うようなことになっていました・・・ 

もひゃーーーーー((゜ДUu))ーーー!!!!!!

つづきます・・ いったんこの章で最終にするつもりでしたが、そうもいかなくなりました・・   

2011年7月 6日 (水)

杭全神社 弁天池改修工事15

杭全神社 末社 宇賀神社を守る弁天池の改修工事も、お田開きお田植えを残すのみとなっていました。 

宮司祝詞奏上に始まり、工事関係者に感謝状授与の後、お田植えが行なわれました。

1106100060 1106100075 1106100087 1106100095

縄に等間隔のが結んであるので、それを目印に植えていきます。

一列が終わったら、縄の位置をずらして、また植えていきます・・・

1106100105 1106100122 1106100125 1106100132

戻りながら植える方式と、植えながら進む方式がありますが、今回は進む(発展)という縁起をかついで、植え進みます。

今回の改修工事では、池の面積が少なくなりましたが、今までの弁天池に溜まっていたヘドロを産廃処理するだけで、○○○Sクラスが買えるほどお金がかかるために、ヘドロを石灰石系統の砂利で吸着固形化した上で、その土を遊歩道と、田んぼの土台にしたそうです。

計画よりも少し大きくなった田んぼは、30坪あり、秋には60kgほどの玄米が収穫できるそうです。

ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー

1106100141_2 1106100147

無事終了です・・・ (**)

1106100150 1106110027

次の日早速、池に、工事用のパイロンやゴミがが放り込まれていました・・・ (・_・)エッ....

1106120040 1106120037 1106120011 1106120015

公園の滑り台にも、食い散らかしや、タバコが・・・ のついたタバコをそのまま滑り台に捨ててるので、プラが焦げていました・・・ (`皿´) むっきー

夜の11時ごろに中学生たちが騒いでいたそうです・・・ 

朝、公園はゴミだらけでした・・ q|゚Д゚|pガーン

弁天池は、神様が鎮まる池です・・・ なんと罰当たりなことを・・・

田んぼは無事でした・・

1106120044 1106140160

最終章につづく・・・(*´Д`*) もへ~

2011年6月20日 (月)

杭全神社 弁天池改修工事14

杭全神社 弁天池改修工事もほぼ終了です。

末社の宇賀神社のお社が、きれいに塗りなおされました。

1106050020 1106050022 1106060034 1106060036

あとは新しいフェンスの設置が待っています・・

1106050050 1106050051

一気に見通しが良くなったので、みんな足を止めて見て行きますね・・ 

1106060039 1106060042

平野川から、歩いて戻ってきたりで、すでにカメ天国に・・・

卵を産むために穴は掘るし、菖蒲の茎を食べて切ってしまうし、困ったヤツラです・・・ (lllД゚) がびーん

1106060121 1106060125

フェンスが到着しました・・ ヽ(´`)/ わーい

1106060173 1106060172 1106060175 1106070021

着々とフェンスが出来上がっていきます

1106080078 1106080079 1106090140 1106090143

御神田に植える、苗です。

この品種は「イセヒカリ」と言って、貴重なものなのです。

何が貴重かと言うと、昭和天皇が崩御された年に、台風の後に倒れず、伊勢神宮御神田で、発見された新種なのです。

農業試験場などで、交配させても新種としてできることは簡単なことではないそうです。  それが、自然に発見されたのですから、偶然ではありません。

平成の世に、今上陛下が、神様から頂いた、ありがたいお米なのです。

現在でも神宮と、神社関係に御田でのみ育てられている稲です。

1106090272 1106090275

水が入って、カブトエビが孵化しました・・ 2週間ほどの命だそうですが、土を掘り起こすことで、藻が生えるのを防いでくれる働き者です。

泥パックにでも使えそうな、よい土です (o^-^o)

1106090276 1106090278

神事の御田開きをするために、が用意されました

明日は、御田開きの後に、御田植えです・・・

つづくっ・・・