カテゴリー「伝承・昔話」の記事

2012年7月24日 (火)

今在家の権助狐

大阪市立今川小学校の西側には、小さな今川霊園があります
今川が、まだ 平野郷の散郷であった、今在家村と呼ばれていた、明治の中ごろ、

杉本竹松さんという、大そう力持ちの大工さんがいました。

ある仕事帰りの夕暮れ時、ほろ酔い加減で、墓地の辺りを通った時のことです。
今在家村へ続く、寂しい所にもかかわらず、相撲大会をしているではありませんか・・・

力自慢の竹松さん

酔った勢いもあって、六人全員を投げ飛ばして、ぐうすか寝てしまいました・・・

Img_0628

次の朝、墓地で目覚めた竹松さんは、驚きました・・・・・・・

あたりには、お地蔵さんが転がり、中には首が折れてしまったお地蔵さんもいました・・・・・・

昨夜相撲大会に参加していた、若衆は、実はお地蔵様だったのです・・・・・

その光景を、物陰から、こっそり見ているものがいました・・・
いたずらものの、権助ギツネです・・・

Img_0652

そう  ごれは、権助ギツネの仕業だったのです・・・

権助ギツネは、人をだましたり、悪戯をしては喜んでいる厄介者でした・・・・

竹松さんが怒りだすのを、今か今かと楽しみに見ていましたが、様子が違いました・・・

Img_0675

大男の竹松さんが、大声で泣き出してしまったのです・・・

おおおおぉぉっ・・・ わしは・・ 何ちゅうことをしてしもうたんやぁ!!!・・・・・

Img_0657

権助ギツネは、いつものイタズラのつもりでしたが、この時ばかりは、さすがに悪いことをしたなと思いました・・・

Img_0660

それから数ヶ月間 竹松さんは、一生懸命にお地蔵さんを修理し、お堂を建てました・・・
そして、その傍らに、なんと 権助ギツネのお社も建てたのです・・・

数ヶ月間その後姿を見ていた、権助ギツネは、ある日、竹松さんの前に現れてこう言いました。

「ほんのイタズラのつもりでしたが、悪いことをしました・・・」  

「ごめんなさい もう逃げも隠れもしません どうぞ お好きなようにしてください」

Img_0664

権助ギツネは、殺されるのを覚悟して、竹松さんの前に現れたのです

それを、じっと聞いていた竹松さんが、ぽつりと言いました

「もう  悪さしたら  あかんで・・・」

たった 一言でした・・・

今度は、権助ギツネが、大声で泣きました
権助ギツネは、生まれて初めて、人の優しさ、情けに触れたのです・・・

うおーーーんっ  もう二度と 悪さはしませんっ

Img_0668

改心した、権助ギツネは、その後二度と 悪さをしなかったそうです

現在の今川霊園には、その頃のお地蔵さんも、権助ギツネのお社も残ってはいませんが、今でも、今川の田んぼや、子供たちを見守ってくれているようですよ

オリジナルのお話とは、少し違うかもしれませんが、こんな感じの、あらすじやったと思います・・・ 

(;´Д`A=

現在の今川霊園の様子ダス

新しい、お地蔵さんがいてはります・・・

Img_0600 Img_0596

この辺りが、平野郷散郷の今在家のはずれにあたりました。

Untitled3

昭和四年の地図の一部より 拡大

今川町が、かつての、今在家村にあたります。

周りは、田んぼばっかりで、橋から、町まで一本道ですねぇ・・・

今回は、絵本調とはいえ・・ 枚数が多かったから大変でしたぁ ネコ三昧

おしまい

2012年5月19日 (土)

平野郷 お大師様と桃

むかしむかし 平野郷には広い桃畑があって、たくさんのエエができていました

ある時、を収穫している男の前に、一人の旅の坊さんが立ち、こう言いました

「すまんが、を一つくれんか」

男は、立派ながもったいなくなり、言いました

「ただでやるは無い

坊さんは、何も言わずに立ち去りました

そして、次の年のことです

たくさんのが実りましたが、すべてのが入っていたのです

平野入りや」 

もう誰もを買ってはくれませんでした

男は気付きました

「あのときの坊さんは、お大師様やったんや」

ですがもう後の祭りでした

20090812_yamanashi_2455_w800

桃畑の画像はネット上よりお借りしました

ホンマにあったことなのか、お大師様やったのかは、わかりませんが、この昔話が伝えたいことは、ソコや おまへん。

イメージしてね (o^-^o)

あなたは、満員電車で座っています

あなたの前に、お年寄が立ちはりました

さあ  あなたならどうする・・・・・

(席)はあげられましたか??

Img_9782 Img_9787

ネコ三昧 脳内イメージ画像 お大師様

あなたの前に立った、お年寄りも、会社の口うるさい上司も、ひょっとすると、あなたにとっての、お大師様かもしれませんよ・・・

おしまい